インフルエンザの特徴を知って正しく予防!

インフルエンザの季節がやってきましたね。

インフルエンザに発症してしまった場合、症状の重さなどは関係なくしっかりと病院に行かなくてはいけません。

もっとも、だからといって、決して軽いとは言えません。
38度くらいの熱に見舞われるということですから、それ相応に大変ではあります……。
症状としましては、下痢や腹痛などに苦しむことが多いといいますね。
風邪をひいたりインフルエンザにかかったりしたという場合には、お腹の具合が悪くなるということはよく知られていますよね。
インフルエンザの場合は、A型よりもB型の方が、その傾向が強いということでした。
もともと下痢気味の方などであれば、インフルエンザB型は天敵であると言えますね……。
流行する時期に関しては、インフルエンザB型は、インフルエンザA型よりも少し長めとなります。
秋の終りくらいから冬いっぱいまで続くのがインフルエンザA型でした。
これに対してインフルエンザB型の場合は、冬を超えて春先にまで長引くことが一般的となっています。
インフルエンザといえば冬のイメージが強いですが、春もくれぐれも油断しないようにしたいものですね。
ちなみに、感染経路については、人間同士でしかありません。

スリリンダブル